僕が緊張する場面で楽しめる理由?!
ホーム > 僕が緊張する場面で楽しめる理由?!

僕が緊張する場面で楽しめる理由?!

2018年09月15日(土)8:10 午前

おはようございます。

今朝も東京は雨…….。でもとても過ごしやすいです。

そして今日から3連休という方も多いと思います。

天候は今ひとつかもしれませんが、積極的にアグレッシブにいきましょう!

 

そして、明日はうちの5歳児が初トライアスロンデビューします。

日本一やさしいトライアスロンというキャッチで前橋で開催されます。

僕はエントリーしてませんが、5歳児の同伴で一緒に走る予定です。

その距離は

スイム15m、

自転車400m

ラン100m    というなんとも可愛い距離。。。

 

うちの子供もなんとなく距離は短いとわかっているようで、

「えーー、そんなに短いの??」なんて申してる。笑。

いつも僕のトライアスロンを見ているからでしょうね。

 

でも、いつも夜になると

「あと何回寝るとトライアスロン?」と聞いています。

 

少なからず緊張している様子。。。

でもこの緊張感を大切にしてもらいたいと思います。

 

誰でも初めてやることは、緊張します。大人でも緊張します。

そのプレッシャーを味わって、力にかえてもらいたい。

そう、プレッシャーをプレジャー(喜び)に・・・・!

 

本番に強い男になってもらいたいですね〜

 

今後の人生で緊張する場面なんていくらでも発生します。

学校の運動会、学芸会、クラスの発表会、テスト・・・受験、就職など。

そんなときこそ、いつも以上のパフォーマンスを出してもらえれば、最高です。

 

そういう意味では

場数はとっても大事。

そして楽しむ事。楽しめる事です。

だって、そんな場面は絶対楽しんだもの勝ちだから。

そんな場面を楽しめる人間になるには、成功体験を実際に味わう事。

 

今、僕自身がいろんな場所で講演やセミナーをやらせて頂いています。

そんな時にあまり緊張せず、楽しめるようになった最初の要因は小学校での行事に他ならないと。

 

クラスの委員長はじめ

応援団長

リレーのアンカーでの追い抜き

学芸発表会での指揮者

 

なにかイベントがあれば駆り出されてました。

でも、僕自身は結構嫌でもなく、楽しめました。。。

いろんな意味で僕にとっての小さな成功体験だったから。。やってよかったと。

そこで人前でなにかをやるということのプレッシャーを楽しむ感覚を味わっちゃったんです。

 

それ以降は、楽しくてしょうがない。

でも失敗もあったと思います。(あまり悪い記憶はないですが・・笑)

 

人生における大舞台でどう立ち振る舞うか・・・?

仕事、ビジネスでも商談相手や面接、昇級テスト、プレゼンなどの大人数を前にしたもの。

このような場面でどれだけ楽しめるか・・・・・。

僕は人生を変える局面で、自身のパフォーマンスを出し切れるかどうかって

とっても重要だと思います。

 

そして何よりも楽しめたら、人生もっと楽しいよ!

 

絶対断られない営業コンサルタントランキング1位

ベストインプレ・コンサルティング株式会社

代表取締役社長 松本 喜久

 

 



«   |   »