ビジネスでは「相手軸」を忘れず!
ホーム > ビジネスでは「相手軸」を忘れず!

ビジネスでは「相手軸」を忘れず!

2017年12月25日(月)12:45 午後

いつも「社長の本気ブログ」をお読み頂き、どうもありがとうございます。

残すところ後1週間で2017年も終わります。

ホント一年は短いです。1日1日大切に生きないとアカンですね。。。

 

さて、来年にむけて営業の方、それ以外お客様向けのサービスに

携わっている方他関連の皆さんに、一つ重要な考え方をお伝えします。

 

最近よく耳にするのは

「僕は一生懸命やっている」

「残業を毎日終電近くまでやっているから」

「俺は彼ら(社内)より仕事している」

 

という台詞をよく耳にします。

 

確かに一生懸命やっているのは間違いないと思います。

但し、一番重要なのは

 

【お客様がどこまで貴方の仕事、サービスを満足しているか?】

 

 

どうしても頑張っている時間が長く、残業過多などで苦しい業務を

強いられていると感じる程、どうしても自分本位になってしまいます。

それはイタい程わかります。

 

でも・・・・一歩立ち止まってみて下さい。

 

お客様からすれば、営業マン(貴方)がどれだけ残業しようが、

長時間労働をしようが・・・一切関係ありません。

 

貴方の仕事の価値を判断するのは精度であり、期待値をどこまで

超える事ができるか・・・・そのサプライズが次回のリピーターに

つながります。

 

例えば

ある案件を受注し、納品をする際には

このプロセスに至るまでの話や今後の運用まで考えて納品されていると

思いますが、その先にあるトラブルなど予見できる範囲までしっかりと

フォローできる体制までお伝えし、安心させていく事がとても重要です。

 

相手のリスクに対してどこまでフォローできるか、

万が一の際の保証体系など触れていきながら、

貴方から購入して間違いなかったと再認識されるように意識をもって

頂ければと思います。

 

納品が終わって、請求額回収までで終わりではなく

その先の納品後の期待値を超えるまでしっかりフォローする事が

一番です。

 

常にお客様主体、僕は「相手軸」とよく言っています。

つまり

自分軸・・・自分本位に、自分中心に

相手軸・・・相手主体、相手の立場や考え方に

 

この相手軸になってビジネスを考えていくと、期待以上の

成果に必ずつながります。

 

 

先ずは、

相手の期待値はどこか?  

どうすればその期待値を超える事ができるか?

 

そこに1点集中しましょう。

なかなか最初はシンドイかもしれませんが、普段から相手軸に

なって業務をしていれば自然と身に付く様になります。

貴方の来年の大飛躍に向かってトライしてみてください。

 

絶対断られない営業コンサルタントランキング1位

ベストインプレ・コンサルティング株式会社

代表取締役社長 松本喜久

 

 

 



«   |   »