自分に自信をつける具体的手法とは?!
ホーム > 自分に自信をつける具体的手法とは?!

自分に自信をつける具体的手法とは?!

2018年06月15日(金)9:33 午前

おはようございます。

今朝は早朝スイムの日。

今は普通にしているのに、なぜか腰まわりが気になる・・・・。

水泳はあまり腰が負担にならないのですが、朝から個人メドレー(バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロール)

を400mほどやったからか・・・それ以外も毎度のようにキツく終わる頃には疲労困憊です。

果たしてこれは身体にいいのか、悪いのか・・・・・苦笑。

 

さて、失敗ばかりしている自分に自信をつける方法についてお伝えします。

仕事で上手くいかない・・・

あるミッションもうまくいかない・・

 

正に自己嫌悪な状態。

俺って、何をやってもダメなんだ・・・・ってヘコむどころか無気力な状態に

なったらどうやって復活するのか・・・?

 

こんな質問を受ける事があります。

僕にだってこんな時も昔ありましたよ。。。

自暴自棄にもなりましたね。

でも解決できます。    ではどうすれば良いのか・・・?

 

1)長いスパンで物事を考えること。

2)プライベートで何か挑戦すること。

3)ベストを尽くしてもダメだったらそれを受け入れる覚悟をもつこと。

 

1)今うまくいっても来年も、それ以降も間違いなくうまくいっている保証はどこにもない。

  つまり、今うまくいかなくても来年は逆かもしれない。物事を近視眼的に見ない。

  人生を良い意味で長いスパンで考えよう。人生なんて良い時もあれば悪いときもあるって

  少し楽観的になること。

 

2)僕はこれで救われているケース多いです。僕の場合はトライアスロンですが、これは

  メンタル鍛えられるし、練習の最中は良くも悪くもシンドイので頭に余裕がなく、

  仕事のことなど考える余裕がありません。そこからスポーツ特有のポジティブ思考が

  徐々に始まります。よって勝手に悩が良い方向に向けてくれています。

  サラリーマン当時、僕自身も悩みまくっていた時があります。

  その際の特効薬として早朝にマラソンをするんです。

  最初は頭に嫌な事案が駆け巡ってますが、走っているうちにそれが少しずつ、ポジティブに

  あまり悩まず行動することにシフトしていくようになりました。

  これはダイエットや、筋トレなどでも何でも良いんです。自分自身に問いかけて

  継続していることや、挑戦している事に目を向けて悩に自信をインプットすると

  それが仕事にも必ず良いエネルギーとして変換されます。

  前向きになることがとっても重要です。

 

3)これは言っているよりもかなり勇気がいること。これは要するに覚悟を決めるということ。

  自分の事を冷静に判断せよということ。

  でも、これを経験している人はわかると思いますが、ここまで腹をきめると、

  結構好転するケースがとっても多いです。僕の経験もそうです。

  今までも一生懸命やっていたのですが、一旦そこまで腹を括るとなぜか変化してきます。

  最後の最後で、もっているものを全部吐き出すと結構楽になります。

  そこまで覚悟を決めてしまった方が良い事もありますね。

  要するに、ブツブツ言っているうちはまだ余力ありということなんでしょうね。

 

まずは試してみて下さい。やってみると意外にスッと楽になり前向きにポジティブになれますよ。

落ち込んでばかりだとツラいばかりか、病気にもなりますから。

先ずはできることからやってみよう!

 

絶対断られない営業コンサルタントランキング1位

ベストインプレ・コンサルティング株式会社

代表取締役社長 松本 喜久

 



«   |   »