遅れの法則を理解すれば、成長出来る!
ホーム > 遅れの法則を理解すれば、成長出来る!

遅れの法則を理解すれば、成長出来る!

2018年01月05日(金)8:40 午前

おはようございます。

社長の本気ブログを読んで頂き、ありがとうございます。

連日寒いですが、体調は如何ですか。

僕自身6時30分からの早朝水泳練習へ行くはずだったのですが、年末からの風邪の影響もあり

今回はパスしました。先ずはできる範囲で無理せず改善させていく事を優先します。

 

さて、連日目標に向かう為の心構えや試練の際の対応方法だとか・・・・僕自身が

過去辛かった経験を踏まえてどうすればいいのかをお伝えしています。

今回は更に次のノウハウをお伝えします。それは・・・・

 

遅れの法則です

 

営業受注活動でも、テレアポでもそうですが、

目標に対して日々実践していれば少しずつ成果があがり、右肩上がりのラインでゴールが

見えてくると普通は考えると思います。

しかし、実際は

スタート当初からは一定時期までほとんど成果はみられず・・・・・・・。

それが1ヶ月、2ヶ月たっても成果が見えない・・・・・・。

この時が一番苦しい。。。ここを耐えきれず、この遅れの法則を知らない事が原因で

挫折してしまう人がほとんどです。

 

営業受注数の例で言うと

目標新規受注数を半年後に12件としましょう。

普通に計算シミュレーションすると、毎月2件の計算がたちます。よって、

1月目2件、2月目2件(計4件)3ヶ月目2件(計6件)・・・・・・・・と考えます。

 

しかし、実際やってみると

1ヶ月目0件、2ヶ月目0件、3ヶ月目1件という結果になる事が多く、この時点で

マイナス5件もあり、自分は営業向いていないとそこで諦めるケースがとても多く、残念でなりません。

しかし、遅れの法則を知っていれば、いやこれから伸びるんだから大丈夫と自分自身を鼓舞し

4ヶ月目・・・3件(計4件) 5ヶ月目・・・4件(7件) 6ヶ月目・・・5件(12件)

と最後に急激に数字があがるようになります。

 

これが遅れの法則です。

最初からうまくいくとは限りません。しばらくは目標からはほど遠く辛く低空飛行がちな状況と

なりますが、ある時期からグッと低空飛行から上昇気流に乗っていく事ができるんです。

その時期がいつなのかは、人それぞれありますが先ずはグッと堪え、地道に強かにやり続ける事です。

 

是非覚えておいて下さい。

これは営業以外でも、スポーツでも趣味でもそうです。

一気にうまくなるタイミングが必ずあります。英語の場合は最初は何を言っているのか

全く理解できなかったのに、ある時期からスッと耳に入り普通に脳変換ができ話せるようになります。

そこまでやり続ける事、継続力をつけて挑戦してみて下さい。

貴方の頑張りに心から応援したいと思います。

お気軽にお問い合わせください

絶対断られない営業コンサルタントランキング1位

ベストインプレ・コンサルティング株式会社

代表取締役社長 松本 喜久



«   |   »