働き方改革だからこそのコミュニケーション!
ホーム > 働き方改革だからこそのコミュニケーション!

働き方改革だからこそのコミュニケーション!

2018年10月04日(木)8:59 AM

こんにちわ

絶対断られない営業コンサルタント

営業実践型支援コンサルタント   松本 喜久(まつもと のぶひさ)です。

 

さて、昨日ある職場で働いている方からこんな相談を受けました。

その内容は

 

「仕事の依頼がこない・・・・・・」。

 

というもの。

僕自身は、この方がどんな仕事内容、仕事レベル、まわりの方々とのコミュニケーション等

詳しく拝見していません。もしかすると誰も相談できない状況にあったのかもしれないので、

こちらに相談にこられたものと思われます。

 

色々と聞いてみると

・あまりまわりが話しかけてこない   

・仕事の依頼がこなくてアシスタント業務があまりない。

・これでは仕事にならず、転職しようか迷っている。    等々。

 

先ずは色々と言い分を聞いてみると、まわりの環境について不満をつつく一方….. 。

 

そこで、こちらからの意見として

 

「貴方自身には、何も不備はないの?」

「貴方自身から、まわりの方々に歩み寄って話しかけないの?」

「何もなかったらこちらから声をかけて、何かありますか?と声をかけないの?」

 

これらをこちらから伝えました。

当初は少々反論気味でしたが、もっと本質的な話をすると

「そうですね・・・。私自身の問題もきっとあると思います」と理解したようです。

 

さらに言うならば、

 

「貴方がもしこの状況で辞めて次の職場にいっても、もしかすると同じ状況になるよ・・・」

とも伝え、真摯に受け止めた模様。

 

このような例は、この方に限らずどこでもあり得る事。

今回のように、誰も相談相手がいない・・・・プライベートでも気軽に話せる人がいない・・・。

とたまに聞きます。

 

昔と違い、今は自分主義志向が強いのか・・・・・

あまりまわりとコミュニケーションをとらない人が多い様に思います。

 

でも、仕事は一人で完結するものってほとんどない。

誰かしら必ず関わっているものであり、協調性と融和性が必須。

 

もっと言うなら

働き方改革が進行する最中だからこそ、短時間で生産性を上げなければいけない。

そこではもっともっとコミュニケーションをとり、スピーディーに事に当たる必要がある

という事を理解していく必要がある。

 

もっとラクに心を解放しよう!

いくらスマホやPCが発達したからといって、それ経由ばかりではちょっとね……. 。

 

そんな職場になっていませんか??

通常業務だからといって、私語厳禁という上司もいるかもしれないけど、

少しコミュニケーションロスをクリアにする為にも、フリースペース等の空間を

利用していろんなシェアをして欲しいですね。。。

 

 

今回のケースは、職場や上司にも問題があるけど、

当の本人にも問題ありのケースです。

でも、まわりもそこをしっかりと気付かせてあげる・・・・・

こんな雰囲気をつくってもらいたいと思います。

 

こんなクライアントの職場内改善もやらせて頂いています。

お気軽に一度お問い合わせください

ベストインプレ・コンサルティング株式会社

代表取締役社長 松本 喜久



«   |   »

月別記事

セミナー動画ご紹介


▲習慣を変える秘訣とは

▲壮絶人生から人生転換期まで



モバイルサイト