3ヶ月振返りを儀式にしてはいけない!
ホーム > 3ヶ月振返りを儀式にしてはいけない!

3ヶ月振返りを儀式にしてはいけない!

2018年06月29日(金)8:42 AM

おはようございます。

ワールドカップサッカーですが、最終的に決勝トーナメントへ行く事が決定しました。

先ずはおめでとうございます。。。

今までサッカーを観たことがないっていう人もTVサッカー観戦デビューして、

こんなに面白いとは思いませんでした・・・・とも。

でもこれからが、本戦。ベルギー戦にもしっかりと勝利し、ベスト8にいって欲しい!

頑張れ、そして夢を見させてほしいです。

これら試合の面白さを、子供達がみて更なるサッカー人気が加速することを祈っています。

子供達がゲームばかり・・・インドアスタイル・・・・・よりも外でガンガン遊んで、汗かいて

新しいことにチャレンジしてほしいと思います。

 

さて、今日は6月29日金曜日。一般的には土日サービス業をのぞき、営業最終日となります。

そして4月スタートの企業からすれば第一Qの最終日でもあります。

期初に立てた計画の第一レビューをするべきです。

 

当初の計画(数値計画、行動計画、チャレンジ計画他)に対してどうだったのか・・・・・。

これ、めちゃくちゃ重要です。半年後の6ヶ月でのレビューも大事なのですが、半年経ってしまってから

修正をするのは、結構無理があります。その時点で乖離がありすぎると、その後の半年間に

無理が生じる可能性があります。

 

では、第一Qのレビューでのポイント

*数値目標と数値結果との差とその原因

 受注単価、受注率、商談件数、受注商材などを含む自社要因、他社要因などのリサーチ。

 

*行動目標とその結果

 当初の計画に対して実際に行動できたのか、その理由と今後の具体的方向性

 

*営業部と各サービス部との連携強化

 営業マンの質をあげることはもちろん、営業部内の上司と現場との連携、

 各部署とのスピード感と連携改善

 

これらを形だけでやるのでは全く意味がありません。

ですが、これを儀式にしている企業が多いです。

この辺りは上司、部長などの力だと思います。最終的にはモチベーションをあげて、

「やるぞ!」今回のサッカーの様に「必ず本戦にいく!」というコミットをし、

リアルにイメージさせて行動していくことがメチャクチャ重要です。

 

この3ヶ月の結果をふまえて、次の3ヶ月は絶対笑えるよう、行動しよう。

結果を変えるのは、考えるだけではダメです。行動しか結果を変える事ができません。

今の商談件数と質を意識して、一期一会で商談すれば必ず結果はかわりますから。

 

絶対断られない営業コンサルタントランキング1位

ベストインプレ・コンサルティング株式会社

代表取締役社長 松本 喜久

 

 

 

 

 



«   |   »

月別記事

セミナー動画ご紹介


▲習慣を変える秘訣とは

▲壮絶人生から人生転換期まで



モバイルサイト