ビジネスは全社がWINにならなければ続かない!
ホーム > ビジネスは全社がWINにならなければ続かない!

ビジネスは全社がWINにならなければ続かない!

2018年06月06日(水)8:24 AM

おはようございます。

ジメジメして湿気がありますね・・・・。

僕はチョー汗っかきなので、この時期は正直シンドイです・・・。苦笑。

商談中はスーツの中、背中や脇から汗がドッとでてきます。

でもなんとか表情はクールに(笑)にしています。。。

 

営業ですから、相手を不快にさせては商談以前の問題ですね。

常に相手優先でいきましょう。

最初は疲れますが、これが慣れてくると自然とできるようになります。

今ではそれが当たり前となっています。

人間はどうしても我欲が強すぎると、自分本位になり相手をみなくなります。

 

先ずは相手をGood Feelにさせていきましょう。

商談相手も一人の人間です。雰囲気やフィーリングがとても大きいのです。

そして、双方にメリット、WINの関係をつくる事です。

 

これは一つの例として・・・

そのサービスはスタート当初からあまり芳しくなく、よいスタートアップとはいかなかった。

そんな際に僕に依頼を頂いたという経緯です。

 

その中に一人の外部の方がおりましたが、その方はそれ相応の役者で

相手にメリットをうたいつつも、実際には相手が損をするようなビジネスモデルだったのです。

言っていることとやっていることが違うんです。

僕自身、散々その内容を指摘し、修正をしなければ無理であると告げました。

 

その商売に携わる企業全社がメリットを感じ、WIN-WINにならなければこのサービス自体が

続くはずがありません。でもその役者はなかなかそこを理解せず、、、、。

最終的には、自然終息しました。

 

なかなか権威を持たれている方で、あればあるほど盲目となっているようです。

自分だけが、自分たちの会社だけが儲かる・・・・そんなビジネスは間違いなく続きません。

そのビジネスに関わる皆さん全員が参画し、良かったと思われる事、これが大前提です。

 

改めて商売の原理原則を考えてみて頂く事も一考ですね。

 

絶対断られない営業コンサルタントランキング1位

ベストインプレ・コンサルティング株式会社

代表取締役社長 松本 喜久

 

 



«   |   »

月別記事

セミナー動画ご紹介


▲習慣を変える秘訣とは

▲壮絶人生から人生転換期まで



モバイルサイト