サボりは悪ではないの意味?
ホーム > サボりは悪ではないの意味?

サボりは悪ではないの意味?

2017年07月24日(月)7:46 PM

いつも「社長の本気ブログ」を読んで頂き、本当にありがとうございます。

夏、真っ最中・・・です。本当に暑い〜〜〜 ですね。

まさに営業マンにとっては地獄となるこの時期。特に営業外回りでは

お客様に会う前に既に汗ビッチョリ・・・・ではないでしょうか。

 

そんな中ですが、私自身もクライアント先の営業マンと日々

同行しています。1日3件、4件一緒に商談しておりますよ。。。

特に中部地区は暑いですね・・・・。空気が重くモワッとします。

こうなってくるとつい自分自身にもアマく、今日の、或いは今週の

行動目標に達していないケースもあるのではないでしょうか。。。

身に覚えがある方もいらっしゃると思います。

 

そんな方へ是非トライして頂きたいことが・・・・

あります。それは・・・・・

 

「あえて30分の自分時間を作る事」

 

おススメなのは、30分です。どんなに忙しくても30分は自分の為の

時間を作って下さい。出来れば頭がリフレッシュしている朝が良いでしょう。

気持ち的にもまだ自分自身で主導できますし、良い思考が生まれやすい。

自分自身のコントロールするのは朝が良いとも言われる所以です。

その時に1日のタスクやミッション、プライオリティなどを明確化し、

そこに〆切り時間を設定します。そこにはギリギリではなく、20%程度の

余力(バッファ)を込みで設定すると、その前に終わるケースが多いので

気分的にも乗ってきます。

 

よって、営業途中暑すぎてキツい状況下で少し休んでリフレッシュする事も

ネガティブに感じなくなります。要するに、1日、1週間をトータルで

見れば良いのです。

休む、休憩する・・・=サボりという認識ではなく、終日トータルでみれば

これが良い事だと思える様に変化してきます。真面目人間ほどこれが

有効と思います。特に車を運転している営業マンには気をつけてほしいです。

事故ってしまっては、元も子もないですからね。。。

 

仕事で一番やっては行けないのは、

「後手にまわること」

常に後手後手な状況で追われている人に良い仕事は無理です。

仕事はイニシアチブをもって、自分自身がコントロールするという

意識がないと、結果的に好転する事は無理です。

 

ほんとに日々暑いですが、自身の体調管理を徹底する事と

併せてトータルで見る事を意識していくと、自分のペースで仕事が

進み、気持ち的にもノッテきます。

楽にペースを掴んで、良い結果を出しましょう。

この時期のペースづくりが、今期を決定しますから。

 

一緒に楽しく営業しましょう。成果に期待しましょう!



«   |  

月別記事

セミナー動画ご紹介


▲習慣を変える秘訣とは

▲壮絶人生から人生転換期まで



モバイルサイト